おっぱい


by further_f
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

だーくまぼ

僕はロハン内で直結を試みた女性にフラレテ落ち込んでいた

ロハンへのイン時間を少し減らそうと

ギルドから借りていたものを返していたら

まぼさんから、どうしたの?とメッセが飛んできた

理由を話すと『愚痴ならいつでもききますょおー』

『もどってきてくだしぃぃいい』

『寂しくなるのでやめないでくださいねぇ』と・・・

やめるとは一言もいってないがうれしい事をいってくれた





ちょっと嬉しくなった僕はつい本音を言ってしまった

『最後、○○○○○さんに憐れな僕と人助けやとおもって

エッチしてくださいっていってダメやったら人生あきらめるわ』

『ほんとぷらさんてあたって砕けてですよねwww』

こいつ、もう俺が砕けるって悟ってやがる!!

お前は神か?そうなのか?未来がわかるのか?

神なら俺にお互い愛し合える女性を導いてくれ!!

いやマテ、愚痴聞くとか優しい言葉いいながら

俺の心に塩ぬってやがる!!

こ・こ・こ・こいつは悪魔だ!!
 



『ぷらさん、いい女は他にもいるとおもいますよ』

いるのは知ってるけど相手にされへんのやと

何度いったらわかるんや(# ゚Д゚) ムッキー

この口先だけのロリ女子高生め!!せめて巨乳になりやがれ




『 ふられにいかなきゃいいんじゃ・・』

『 んじゃ、女とかいないものとおもえば。。』

この言葉を聞いたとき、あまりにもムカツイタので

大きな声で言ってやりましたとも、ええ!!







シネ!!
チンカスJK!!







と、心の中で!!




ちょっと深呼吸なんかしてみたりして心を落ち着かせて

まぼちゃんは男ほしくないのか?って聞いてみた

『男は欲しいと思わないですけどぉえろびでぉはほしいです』

『ぷらさんいっぱいもってそうw』

このエロガキが!!

テメーもしかして男は欲しいと思わないけど

オチンチンは欲しいとかいってんだろ?

性欲の悪魔だな!!その年にして末恐ろしいわ




そしてどぎつい一言をこの悪魔はいいやがった

『ぷらさんぁいつもAVで慰めるんですね、わかります』

わかってるのか!!なぜわかる?

こいつは俺の部屋盗撮してるのか?

この一言で俺は三途の川に片足を入れた




僕の異変に気がついたのかこの悪魔は戦法をかえてきた

『げえむやってたらわすれられるかもですよー?』

『一人でいても色々考えるだけですしっ』

『それか何か違う夢中になれるものがあればw』

僕は素早く反応した

『せっくす』

『してくればいいともう!』

させてくれる女がいないからこうなってるつってんだろ!!

『どうやってやるの?妄想でやってろっていうの?』

『風俗・・とか!』

30代のオッサンが女子高生に

風俗いってこいって言われました(´・ェ・`)

そひて、ついに彼岸が見えた気がした




ここで僕のライフポイントが残り2Pきってたので

じゃあロハン楽しんでなーと話をきろうとしたのだが・・・

『ぷらさんかえってきてくださいね!』の一言に

ライフが少し回復したので不覚にも突っ込んでしまった

『まぼちゃんがエロシャメおくってくれたら復帰できるかもしれない』

『5%くらいの確立で!!』

『めっちゃすくないじゃないですかwww』

『 ひどぃ。。』

あたり前だろ、お前はそんなにいい女なのか?

乳首何色だ?いってみろ!!

僕はピンク以外絶対に認めないんだからね!!




そして僕はつぶやいた

『 だーくまぼ』

『それひさびさにわれたww』

『わたしゎほわいとまぼですうううう』

テメエー嘘ついてんじゃねーよ腹どころか

ケツの穴まで真っ黒なくせしやがって!!


この戦いで僕は初めて三途の川を進み彼岸を見た

本当に激しい戦いだった

今、僕は生きているのだろうか

それとも、だーくまぼに敗れて死んでしまったのだろうか

それすらわからない・・・・
[PR]
by further_f | 2011-06-30 14:53 | おっぱぶ

おっぱい

女にモテる男は敵だ!!美男子なんて全員死ねばいい!!

常日頃そう呟きながら深夜徘徊している、素人童貞おっぱぶです

´ω`)ノ こんぬづわ



僕はMIXIやってるんですが

今から2ヶ月ほど前アクセスブロックされていた女性の足跡があった

あっ!!とおもいクリックしてみると

アクセスブロック解除されてるじゃないかあああ

で、今日2ヶ月ぶりに彼女のページにとび

『誕生日おめでとう』とメールを送った

それ以外は何も書かなかった

なのに・・・








今朝アクセスブロックされていた

6年前、僕の嫉妬で喧嘩になり

別れた後にもらったメールを読み直した

『いつかまたメッセできるといいなぁ まためいわくかけちゃうかな・・・あきにとってマイナスじゃなかったらメッセしてね』

メッセどころかMIXIすらアクセスブロックされてますが・・・









話は変わり

バカップルイベントは

相方にお願いして申請してもらった

当日、組み合わせ表にチーム名が載っていない

なぜだ!!!!!

相方の、おまん小豆さんが6時半頃インしたので

『やっちゃったな申請みすっただろ』

と、みんなで弄りたおしたのですが

実は僕が考えた『逝けメン素人童貞』というチーム名がNGで

出られなかったというファンタスティックな

エンディングがありましたとさ

おしまい
[PR]
by further_f | 2011-06-28 21:06 | おっぱぶ

桃鉄決戦の夜



痛恥ずかしいブログなので、書けと言われたら書くブログになってます。

最近知り合った人に、書いてと言われたので書きましょう。

結構開き直ってきました。





皆さんにとって、思い出深い写真ってありますか?

僕の場合さほど思い出深い写真が無いのですが、唯一忘れられない写真があります。

今回はそんな写真のお話。





僕のご近所に住む従兄弟、ケン君とヒデ君。



この2人は強烈な個性の持ち主でして、個性の強い物同士惹きつけ合うと思いきや、犬猿の仲なのです。

兎にも角にも、お互いを認め合いません。



ケン君を嫌いな理由を、ヒデ君に聞いてみる。



「おいヒデ、お前何でケンの事嫌いなのよ?」

「じゃあガクちゃんに聞くけど」

「うん」

「バカ好き?」



確かにケン君は、一族で一番バカだった。

バカ過ぎて、原付免許試験の漢字が読めなくて21回落ちたくらいだ。

事前に言えば漢字にルビを振ってもらえるのを教えなかった僕のせいでもあるが、強烈にバカなのは否めない事実。





ヒデ君を嫌いな理由を、ケン君に聞いてみる。



「おいケン、お前何でヒデの事嫌いなのよ?」

「じゃあガクに聞くけど」

「うん」

「ウンコ好き?」



確かにヒデ君は、小学生の頃お風呂でウンコを漏らして以来、黄金王と呼ばれていた。

中学生の頃「チューリッPu♪」といいながら「Pu♪」に合わせて屁をこいたら実が出ちゃった事もある。

強烈なウンコ野郎なのは否めない事実。





このままでは埒があかないので、僕は2人を同時に呼び出した。



「ガクちゃん、何でバカがココに居るの?」

「こっちの台詞だよ、ウンコが居るなんて聞いてねえよ」

「うるせえ、とりあえず落ちつけ」



僕は2人をなだめ、今回2人を呼びつけた趣旨を説明しようとした。



「いいかお前ら、お前らがお互いにいがみ合っていても、結局血は繋がってんだよ」

「おいおい、バカが移ったらお前の血のせいだぞ」

「俺がウンコ臭くなったらお前の血のせいだわ」

「なんだテメー!」

「かかってこんかい!」



まさに一触即発。



「やめろっつーの、親戚同士で殴り合ってもしょーがねーだろ」

「だってガクちゃん、このバカが!!」

「バカって誰の事だウンコ野郎!!」



ちょっと顔を合わせただけでコレだ。



「お前らいい加減にしろ!そんなにどっちが強いか勝負したけりゃ、桃鉄でケリつけろ!」

「はぁ?なんでゲーム?」

「殴り合ってもしょーがねだろが!別に勝負なら何でもいいんだろ?なんだお前ら?お互い罵りあってるクセに、ゲームの勝負も出来ねえってか?」

「ガクちゃんがそこまで言うなら、このバカ叩きのめしてやんよ!」

「おう!全てにおいて俺がウンコ野郎より上だって事を分からせてやんよ!」



バカだのウンコだの、しょーもない事でこんなに仲が悪いと本当に苦労する。

半ば強引に、後日決着をつけさせる事にした。





そして決選当日。

奇しくもその日はクリスマスイヴ。

聖夜の桃太郎電鉄決戦が行われる。



まず会場の僕の部屋に、ヒデ君が到着した。

その後ケン君が到着し、お互い睨みあっていた。



「いいかお前ら、今日は暴力無しだかんな」

「大丈夫だよガクちゃん、俺もいい加減ケンカしてるの疲れたからさ、仲直りしたくてケンにクリスマスプレゼント持ってきたんだよ」



ヒデ君は、袋から何かを取りだした。

























小学2年生用の算数ドリルだった。





ケン君は震える手で算数ドリルを受け取った。





そしてケン君も反撃に出た。



「俺もヒデにクリスマスプレゼント持ってきたんだよ」



そう言ってケン君は、丁寧にラッピングされている箱をヒデ君に渡すと、ヒデ君はラッピングをビリビリに破り中身を確認した。


























トイレの消臭元だった。





ろ紙を引き上げるタイプと、スプレータイプの2種類だった。





事前に2人に対して、クリスマスプレゼントを持って来いと言った僕の目論見通りのクリスマスプレゼントだった。

ヒートアップしてきたので、更に熱い決戦にさせるべく、僕は一つの提案をしてみた。



「お前らさ、負けたら全裸で土下座だけでなく、頭を踏みつけられてる写真を撮って、敗者はその写メを一年間待受にするってのはどうよ?」



ヒデ君が僕に聞いてきた。



「それいいねガクちゃん、スパイクシューズ履いてもいい?」



ケン君も聞いてきた。



「ヒデに似合うように、犬のクソ踏んだ靴でもいい?」



審判ガクは2人の申し出を快諾し、そして決戦がはじまった。















結果ですか?





決戦中、僕がトイレに行ってる間に、僕の携帯に一通のメールが届いたんですよ。

ヒデ君は人のメールを勝手に読む、デリカシーの欠片も無い最低な奴なんです。


































===========

From 沙織

Subject Re:

--------------------

ガクちゃん今日は予定合
わなくてゴメンね007.gif

次の休みで埋め合わせす
るからね058.gif

イトコを騙して暇つぶし
にするって言ってたけど
あんまりヒドイ事したら
ダメだよ049.gif

===========















ヒデ君とケン君が初めて意気投合し、完全に僕へとタゲが移った。



さすがの僕も、この2人同時に相手にしては勝ち目が無い。









僕は全裸で土下座させられ、2人に頭を踏みつけられ、写真だけでなくムービーまで撮られました。



その時、僕が床に額をこすりつけながら発した





「痛っ、ごっごめんなさいっ」





ヒデ君はコレを着信音にしてましたね。





この時の写真は、2人が仲直り出来た、とっても思い出深い写真です。

2人はこの写真を待受画像にし、僕の友達に見せまくっていました。

そしてまだ僕の携帯にも、その写真が残ってます。











まあ、誰にも見せませんが。
[PR]
by further_f | 2011-06-26 00:31 | がく

武勇伝


このブログを読んでくれている方から、痛い話でもイイからとの事で、また恥を晒しましょう。

ちょっと思い出したので昔話を。



武勇伝を語る人っていますよね?


「俺は昔悪かったんだ」

「俺は剣道の段持ちだから、ガクなんてリアルで会ったら楽勝だよ」
(元2鯖、ギルド桜組曲マスター柊)

「山口組を使ってもいいんだがね」
(なんとかタカsp)


ちょっと武勇伝と違うかもだけど、なんだこれ?

バカかこいつらは。

そんな武勇伝、僕からすれば子供です。

バカ丸出しで惜しげもなく武勇伝語るなと言いたい。



まだキバの


「あいつらワンプチすぎて、カウント残り3ですよ」


の方が可愛く思える。



今回は、そんなアホ共にも分かるように、真の武勇伝を語ろうと思います。





とある場所で僕は、ボスとして名を馳せていました。

そう、誰もが恐れるボス。



千葉県市川市行徳地区にある駄菓子屋「カワムラ」にて、それはそれは大ボスでした。



弱冠17歳にして、駄菓子屋で小学生相手に


「そのUFOチョコは俺が狙ってたんだぞっ!」


と、凍ったあんずボーをシャリシャリ食べながら、物凄い顔で恐喝するような超絶大ボスでした。



それはそれは小学生に恐れられていました。



カワムラのハゲオヤジに


「あの・・・ここは子供の遊び場だから・・・」


そう言われるまで、駄菓子屋カワムラの大ボスでした。



それはそれは大ボスでした。

それはそれは軽く営業妨害入っている大ボスでした。



だが、こんなのも真の武勇伝とは言いがたい。

じゃあ真の武勇伝とは何なのか?



駄菓子屋の大ボスの地位まで登り詰めた僕が、唯一敵わなかった今は亡き先輩のシンジ君。

そんなシンジ君は



「辻孝秋」



と言う奴隷を飼っていた。



どの集団にも1人は居るであろう場違いな奴。

それが辻孝秋であった。



当時、絶対的カリスマであったシンジ君に、自ら志願して奴隷になったのである。



辻孝秋ってどんな人?

そう思った方の為に、シンジ君と同級生だった萩原君の卒業文集を、ココで紹介しようと思う。





【卒業文集】

3年10組 萩原周一



辻孝秋という男がいた。

友達はダンゴ虫だけだった。

辻孝秋はダンゴ虫に話しかけるが、ダンゴ虫は丸まるだけで返事はしてくれなかった。

ありがとう、辻孝秋。

僕は辻孝秋を忘れる事はないだろう。

(原文です)



こんな人物である。



辻孝秋は極度の乾燥肌とアトピーで、いつも顔がカサカサで粉をふいていた。

ニベアが愛用品だった。



そんな辻孝秋のアダ名をシンジ君は考えた。



そしてシンジ君は長考の末、シンプルに


「カサカサ」


こう呼ぶ事にした。



ここで言っておきたい。

身体的な理由でのアダ名を批判する意見もあるだろう。

しかし、親しみを込めてそう呼んでいたし、仲間以外が辻孝秋を中傷したなら、シンジ君は黙ってはいなかった。

そのような間柄なのである。



辻孝秋(以下カサカサ)は、シンジ君の言いつけを忠実に守った。

例えば緊急の買い物の場合、シンジ君が急いでいれば、カサカサは高速道路さえも自転車で通行した。



首都高速湾岸線、千鳥町~浦安までを完走したという偉業は、地元では今でも語り継がれている。



どの位凄い事かよく分からない方の為に、分かりやすく解説しよう。



首都高速湾岸線、千鳥町~浦安まで、車で150キロのペースだとしても3分位かかる。

ママチャリでは、せいぜい平均15キロがやっとであろう。

単純に計算しただけで、30分位かかる事になる。

料金所のオッサンの通報から、道路公団のパトカーが来るまでの間に完走するのは、ほぼ不可能に近い。



しかしカサカサはやり遂げたのである。


「自転車なら、高速使うと余計遅くなるんじゃ・・・」


そんな事言わないでいただきたい。


「急いでる時は高速に決まってるだろ」


というシンジ君の言葉を、カサカサは忠実に守っただけなのだから。

これでカサカサの異名は伊達じゃない事が分かっていただけたであろう。



良かったら、皆様の記憶の片隅に置いといていただきたい。




































この武勇伝を持つ辻孝秋は、現在イメクラのポン引きをしている事を・・・

そしてポケットには、ニベアを忍ばせている事を・・・
[PR]
by further_f | 2011-06-14 07:51 | がく

土曜日タウン



昨日は土曜日タウンでした。

そろそろ人も増え、多少はやりあえるのではないかと思いブラインに登録。

結果はこれ。



a0157734_8581511.jpg




さすがといいましょうか、強いです。

まだまともに戦えるレベルでは無かったのが分かりました。

勝ったり負けたりしていたのは最初の10分だけで、一度崩れたら徐々に差を広げられましたね。

逃げ回ってベースだけでは勝てないし、ガチ当たりしてみようという事で、一度最後の方に当たってみました。

やはり地力の差が出たのでしょう。

最初はやりあえても、徐々に押されていき、更に点差が広がった感じでした。



今回のブラインで確かめたかった事が、ネメヴァンダ同盟とBrotherhoodの力の差の他に、全く見かけないネメシスのメインキャラの行方でした。

両方ともこれでハッキリしました。



まず力の差は、点数が示している通り、かなりの差があるでしょう。

徐々に追いつく為に、色々と障害があるけれど、頑張ろうと思います。



ネメシスのメインキャラの人たちは、予想通り同アカウント3000%報酬を狙っているようですね。

普段全く見かけないのに、Brotherhoodがブラインに来たらあれだけ人数が集まるという事は、そういう事だと思います。

そのキャラがバレたら襲われるのを分かっているのか、上手に隠れてやっているのでしょう。



数人は既に特定しているのですが、今日の人数を見る限りまだまだ居そうです。

全く抗争と関係ないギルドに紛れている可能性も否定できません。

メインキャラの武器用のキャラだと思われるので、3000%いった途端に、インしなくなるようなメンバーが居たら、ちょっと怪しいかもしれないですね。

もしそうだった場合、そのギルドやギルドメンバーを、対Brotherhoodに引き込む為に巻き込もうとしているのか、ただの隠れ蓑にしているだけなのか、それは分かりません。



この様に色んな事が脳裏をよぎりますが、何にしても、僕は変わらずやり続けるのみです。

バカな僕にはそれしか出来ないので。



敵対を褒める言葉は出したくない小さな男ですが、今日のタウンの一番の感想を本音で言うと、ネメヴァンダ同盟、最強と言われているだけあって、本当に強かった。



勝てる様に頑張らないと。
[PR]
by further_f | 2011-06-12 09:50 | がく

懐かしく感じた。



ROHANの事です。



夜中、ギルメンが10人くらいインしていたので、火寺にてグレーだかグリーンだかをやっていると、羽根が2回連続でポロっと出ました。

確か昔と比べ、羽根が落ちる確率が下がっていると聞いたのですが、倒した回数と羽根が出た回数を聞くと、あまり変わってないよーな気もします。



目的の物が出たので、さっそくお目当ての物に交換。


a0157734_86349.jpg



そして記念撮影。



火寺コスを着た、ギルドメンバーLastOrderが大喜びでした。

スカイプで大喜びしているのを聞き、僕も嬉しくなりましたね。

と同時に、僕が火寺コスを着た時の事を思い出しました。



当時、GMが火寺コスを着てウロウロしていたらしいのですが、ただエフェクトのあるコスとだけという認識でした。

しかし2鯖で1人火寺コスを着た人が出て、攻撃力が1番上がるコスだと聞き、これはギルドでも入手すべきと判断しました。

思い立ったら即行動の僕は、まずコスの入手方法を聞き、頭の部位が火寺クエを受けないと入手出来ないので、最短でも12週間かかると知りました。

当時は火寺クエは、セレネというレンジャーの独壇場でしたので、早速セレネに交渉。

あるアイテムとの交換との事で、そのアイテムはギルドに沢山あったし、即日火寺コスの頭を約2着分入手に成功しました。

1番大変といわれている頭を入手したので、後は頑張り次第。

ギルメン総出で遺物集めをし、1日平均3000個くらいのペースでした。

その甲斐あってか、1週間で残りの部位が全て揃いました。

皆で力を合わせれば、あっという間に揃う事を皆が実感したと思います。



僕は誰に着させようかなと思いながら、クエNPCを右クリックしたら、なんとクエ完了押してないのに、僕のインベントリの火寺コス用アイテムが消えているではないか。

何か自分が着たかっただけっぽく思われると思い、焦った僕は運営にお問い合わせをし、完了押してないのにぃぃいいいいとアピったのですが、クエ終了アイテムを持った状態でクエNPCをクリックするとクエアイテムは回収されるとの事で、結局ダメでした。

スカイプで繋がっていたメンバーは、事情を理解してくれましたが、他のメンバーになんて言い訳しようか迷っていると、「最初はガクさんが着るべきだよ」と言ってくれたので「当たり前だろが、俺が着ないで誰が着るんだ、寝ぼけんなよ」と開き直る事が出来ました。



この様に、僕の場合は入手の過程で全く苦労してないし、焦った記憶しかないので、LastOrderの喜びっぷりが羨ましくなりました。

苦労して時間をかけて得たときの喜びは、ひとしおですよね。

そう思う僕は、苦労せずに手に入れた方がイイと今でも思ってますがね。



ただ、彼の場合殆ど1人で集めたので、本当に苦労したと思います。

もっと早く、ギルドとして彼の力になれれば良かったと少し反省しつつ、一緒に喜びました。



これから火寺コスを目指す人、現在目指して頑張っている人、本来は凄く長く大変な道程だと思います。

噂では2年かかって着た人もいるそうですし。

僕みたいにキャラが弱く自分勝手なプレイをしている人や、金策の為にやっている人ではなく、本当にコスが欲しくて努力している様な人に着て欲しいです。

なので運営さん、火寺コスをトレード可能にして下さい。

そうすれば、僕の火寺コス、本当に着たい人に譲れるので。






















「火寺コスあげるから1回やらせて!」


本当に着たがっている女性に、この様な交渉が出来るからという理由なのは、この際忘れておけ。
[PR]
by further_f | 2011-06-10 09:16 | がく

嬉しい出来事。



ROHAN以外の事も書いてと言われましたが、やはり痛い話が多すぎる。

なので躊躇しちゃっています。

今回はROHANの事。



昨日嬉しい事がありました。

テルが来て、Brotherhoodに入れて欲しいとの事でした。

得体の知れない人ではなく、面白い人だなと思ってた人だったので、凄く嬉しかったです。

Brotherhoodが楽しそうだと言われ、やっぱり嬉しいですよね。



正直、僕が休止前の2鯖でのFURTHER(現:Brotherhood)の評判は最悪でした。

中には全く身に覚えの無い噂もあったりと、身に覚えがあっても歪曲されてたりなども多かったですね。

愚痴になっちゃうので詳細は書きませんが、僕たちは真相を知っているし後ろめたくないという気持ちもあったりで、変に弁解や言い訳をしませんでした。

それに、そういう悪評の信憑性が高くなるようなメンバーばかりでしたので、言っても無駄だと思ってましたし。



でも中には、噂だけで判断せず、自分の目で見て自分で話して確かめて、Brotherhoodを判断してくれる人が居て本当に嬉しい限りです。

昨日の人もそんな感じでした。

これから宜しくお願いしますね。



他にも僕が休止前、FURTHERのマスターをピーター・シトラにやらせていたし、ギルドの動きは確立していたので、僕はギルドを抜けて、新規さんの多いギルドを渡り歩いた時期がありました。

ROHANが過疎っていたので、少しでも新規さんがROHANに定着してほしいと思い、新規さんへ合成やエンチャント、バフ、狩場案内、操作方法等、自分でやる楽しみが無くならないように過度なフォローをせず、適度にフォローをしていました。

僕が入ると、そのギルドは「Fの倉庫ギルド」とか「Fのサブギルド」等と、アホな噂を流す輩も居ましたが、その辺も新規さんにしっかり説明して、ROHANを楽しんで続けて欲しいと思っていました。



驚いた事に、僕が復帰してから、その時のギルドの人も、ROHANに戻ってきてくれたんです。

抗争の事情は知らないけれど、ガクちゃんに協力するよと言ってくれたんです。

こんな嬉しい事って無いですよ。

キャラはさほど強くないけど、何より気持ちが1番嬉しいですよね。



当時はそんな事考えてませんでしたが、まさに情けは人の為ならずだと思いました。

協力というより、一緒に楽しめればいいので、これから宜しくね。





※追記

そういえば、僕が復帰して少しした頃、アインホルンBSで放置していると、千石という名前のレンジャーさんから声をかけられていたそうです。

それをギルメンに聞いた後、急いでテルしたのですが既にログアウトしていました。

もし千石さんという方がこのブログを見ているようでしたら助かります。



ギルドBrotherhood、ギルメン募集中です。

興味ある人は、声をかけてみてください。

ギルドについて知りたい事があれば、遠慮なく聞いて下さい。
[PR]
by further_f | 2011-06-08 20:09 | がく

おっぱい

今日もRe君に完敗です(つω`、哀)

レンジャーが1時間半近く止められ続けました

何度も何度も逃げようと試みたのですが

僕のPSでは逃げ出すことができませんでした

Re君は本当に上手いです

すごいです

素晴らしいです
a0157734_14144483.jpg





普段、ソロのときRe君に捕まると

僕は80%以上の確立で裏でエロビデオを見ます

女教師ものに今はどっぷりハマッテます

女教師最高♪

こんな眼鏡と
a0157734_17233043.jpg

こんなスーツにストッキングなら
a0157734_17303856.jpg

なお良し!!です~♪




でも、今日はJKもいいなぁと

不覚にも思ってしまった自分が許せなかったので

戦いを挑みました!!






もちろんチャットで(´ρ`)
a0157734_14201764.jpg

はい・・・見事に独り言状態です・・・

敗色濃厚です・・・(;´Д`)ウウッ…

負けたくない・・・

負けたくない・・・

負けたくない・・・

まけたく・・・

まけたく・・・

ま・ま・まけ・・・




精神的にかなり追い詰められた僕は助けを求めることにしました



椿春子さんが通ったので助けを求めました
a0157734_14243360.jpg

返事がかえってこない・・・



煌智さんが通ったので助けを求めました
a0157734_14281731.jpg

僕の願いはかないませんでした

助けてくれなくてもよかったけど

『股間大丈夫?』の一言はいってほしかった

本当に残念でなりません・・・

空気の読めるやさしい煌智さんは

絶対にブログで『股間大丈夫?』という文字を使いまくった

記事を書いてくれることでしょう(〃 ̄ー ̄〃)






で・・・
a0157734_14324772.jpg

別windowで金策狩り狩り狩りノ(´д`*)

1時間半で20Mほど稼がせていただきました

他にギルハンもう1Pt無傷

ブログの為にprt scmで撮影しとけば良かったと反省中です

本当に僕は口は臭いが詰めがあまいのです・・・
[PR]
by further_f | 2011-06-07 14:47 | おっぱぶ

恥ずかしい・・・



つい先日、ROHAN内にて声を掛けられました。


「ブログ書かないの?」


えっと、最初の頃にも書いたと思いますが、ROHAN以外の話は、数年前に僕がやっていたブログに書いていたものを、コピペしてるだけなんです。

まだ100話以上ありますし。

なので、いつでもコピペして少し編集するだけで更新は出来るのですが、いかんせん厨なお話が多いんです。

今更なのですが、ただの痛い人になってしまうという恥ずかしさがあり、更新が滞っております。



というか、ROHANの人しか見ないので、ROHANネタだけでもいいかなと思ったりもしてますが、約1名の人に書いて欲しいと言われたので、今回は昔の恥ずかしかったお話を。





僕の先輩に、阿部君という人が居ます。

彼は幼い女の子が好き。

俗に言う、ロリコン。



イケメンで、最強の爽やかロリコン。



ゲームセンターにて、モーニング娘のどれか1人の写真が出る、一回200円のガチャガチャ。

阿部君が200円を入れてガチャガチャを回す。

中澤裕子が出た。



「うわ、ババアかよ」



中澤裕子は当時27歳。

阿部君からすると、27歳は御老体。



ROHANの女性たちの大多数も、阿部君からすると御老体。



僕が言ったんじゃないですよ。

阿部君が言ったんですよ。



女として終わってるなんて、僕言ってないですよ。

僕は27歳とか大好物ですよ。

阿部君の事は僕が責任を持って、バ、お姉様方の代わりに鉄拳制裁しておきますね。



その後阿部君は、4回続けてバ、中澤裕子を引き当てる。

中澤、というかババアにブチギレた阿部君は、店長に文句を言って、無理やりお目当ての写真をゲットする。



加護あい。



「加護!ガク見て!加護!やった!」



そうです。

彼はロリコン。



僕が27歳、阿部君が29歳の時、夏のお祭りに付き合わされた。

お祭り中、阿部君が見当たらない。

あたりを見渡すと、阿部君がナンパしていた。



中学生を。



「どこ中?」

「あ…二中です…」

「俺七中!」



29歳、第七中学校卒業生。



そうです。

彼はロリコン。



そんな阿部君からの呼び出し。

今は閉鎖してしまっているが、ワイルドブルー横浜という屋内プールに誘われた。



「ワイルドブルーでナンパしよーぜ」



暇だったので行く事にした。



到着後、僕は着替えを済ませ、流れるプールにて1人遊びにふけっていた。

後ろから阿部君が泳いで来て、僕に状況報告をしてくる。



「今日は中学生が少ないなー」



そうです。

彼はロリコン。



中学生が居ないので、阿部君はナンパを諦めた。

そして、流れるプール脇で僕と阿部君が休んでいると、推定5~6歳の女の子が近くを通った。



欧米系の女の子で、可愛い女の子。



「ベリープリティ!」



そう。

彼はロリコン。

そして少女は、ロリコンに警戒心を見せず、お返事をくれた。



「私、日本語話せますよ」



ベリープリティという、小学生並の情けない英語に対して、なんとも流暢な日本語。

欧米人に勇気を出して英語で話し掛けたら、流暢な日本語が返ってきたという、とっても恥ずかしい阿部君。

しかしロリコンはめげない。



「ガク写真撮ってよ」

「あ、はい」

「フォト、ピクチャー、OK?」

「いいですよ、どうぞ」



またも阿部君は、英語と呼べない英語で話しかける。

そして少女は、やはり流暢な日本語だった。



阿部君は純粋に楽しそうだった。

阿部君は確かに中学生好きだが、決して本当の意味でのロリコンと呼ぶ程ではない。

さすがにこの年齢の少女に対して下心は無いはずだ。

阿部君は、子供が好きな優しいお兄ちゃんなのだ!



阿部君、勘違いしてゴメンよ。

散々ロリコンって書いちゃってゴメンよ。



遠くで少女を呼ぶ人がいる。

声のする方に目をやると、超ウルトラマッチョのお父様らしき人が居た。



こっちに来た。



体型が逆三角形で、腕は丸太のようだ。

こんな腕で殴られたら、昇天は必至。



僕は阿部君の方を見た。





大至急逃走していた。

プールサイドは滑るのに鬼ダッシュだった。





下心がありやがった。

彼は紛れも無くロリコンだった。



阿部君が、最低のド変態ロリロリ野郎だったショックより、まずはこの状況をなんとかしなくては。



お父様が取り残された僕を見る。

青い瞳の欧米人とか、よく言いますよね?



全然違うの。

赤いの。

血走っているの。

怖すぎるの。



僕は悪い事をしていないのに、阿部君の逃走により、後ろめたい気持ちになってしまう。



ちょっと待て。



俺は阿部君と一緒に居ただけだし、阿部君は何か悪い事をしたのか?

確かに阿部君は逃げた。

自分がロリコンな事に後ろめたさを感じたのだろう。



だがしかし!



小さな欧米系の少女に可愛いと言って写真を一緒に撮っただけで、ロリコン誘拐犯扱いされるいわれは無い!



ここはひとつ、堂々としていようではないか。



怖くなんてないさ。

筋骨隆々でも怖くないさ。

胸毛金色でモジャモジャでも怖くないさ。

お父様の赤く血走った目は、プールで使用する塩素系の薬品のせいさ。





でもやっぱり怖い。



そしてお父様は僕に近寄って来た。



ひぃ!怖ぃ!(マジで怖い)





「sorry Mr...」





何も悪い事をしていないのだが、あまりの威圧感に僕は謝ってしまう。

すると、お父様





































「私、日本語話せますよ」




という恥ずかしかったお話。
[PR]
by further_f | 2011-06-02 08:54 | がく